病院のブログ

病院のブログ

~ 薬剤サマリーによる情報提供始めました!! ~

2020年度はこのブログで「ポリファーマシーへの薬剤師の介入とかかりつけ薬局への

「薬剤師 イラス...」の画像検索結果情報提供について」お薬手帳を活用した運用について紹介させて頂きました。

2021年度のブログは、新たに導入した「薬剤サマリーを活用したかかりつけ薬局・かかりつけ医への情報提供 」について紹介したいと思います。

まず「ポリファーマシー」という言葉、みなさんご存知でしょうか?

テレビや雑誌で一時期はよく話題となっていましたが、簡単に言うと「その人にとって必要以上の薬が投薬されている状態」を言います。

例を挙げると、風邪などの急性期疾患で処方される咳止めが長期に処方される場合がこれに該当します。

当院では、ポリファーマシーの状態であるか判断するために患者様

又はそのご家族から投薬歴を聴取する事があります。

その際「お薬手帳」を持参して頂くとより正確に判断する事ができます。

「人 やってみよ...」の画像検索結果ここで得た情報をもとに、薬剤師がその薬の必要性を判断し、患者様個人に合わせた処方提案を医師に行って、薬剤を減薬・調整していきます。

これが当院における「ポリファーマシー対策」です。

こういった取り組みは現在多くの病院で活発に行われるようになりました。

「人 驚き イラス...」の画像検索結果しかし、一定の年数が経過する中で一つ大きな問題が生じました。それは入院中に減薬した薬がかかりつけ医に変わった時点で、再開されてしまう事例が散見された事です。

これは退院した病院からかかりつけ医(薬局)に、入院中の処方変更の意図が伝達されていない事が大きな原因でした。

そこで昨年度は、入院中の処方変更の意図を退院時に

お薬手帳に記載する事で情報提供を行っていました。

 

しかしお薬手帳に記載できる情報量は限られており、より詳細な情報を提供する事で患者様の安全で適切な薬物治療に繋げる取り組みとして今年度は「薬剤サマリー」を導入する事としました。

そこで「薬剤サマリー」を作成するソフトを調剤支援システムに搭載し、数回のシステム改修を基に、まずは当院回復期を退院された患者様を対象にお薬手帳による情報提供と共に「薬剤サマリー」もかかりつけ医及び薬局へ提供する事としました。

 

薬剤サマリーは、お薬手帳による情報提供よりも

より詳細な情報を提供でき、「入院時持参薬」と

「退院時処方」が比較できる上、患者様の内服状況

や処方変更の経緯、さらに1部の検査値も掲載でき

るようになりました。

 

今は退院されるすべての患者様に提供できる環境

までには至っていませんが、今後も情報提供は続け

ていく予定です。

今回は薬剤サマリーとお薬手帳を併用した情報提供について紹介させて頂きましたが、薬に関する事はいつでも最寄りの薬剤師にご相談ください。

                                                                                                             文責:薬剤科主任 岡田 良

「医療安全管理室」とは?

関中央病院の中には「医療安全管理室」という院内の「医療安全」を管理することを目的とした部署があります。

医療安全管理室は、看護部や診療技術部(リハビリ科や薬剤科など)、または事務(医事課や総務課)など、院内で発生するあらゆる「医療安全」の問題を扱い、同じような問題を繰り返さないように、その問題を分析し、チームで具体的な対策を講じていきます。

「医療安全の問題」には代表的な事例として以下のようなものがあります。

  1. リハビリ中にあやまって転んでしまった(転倒・転落)

     

    注意喚起・医療安全」カテゴリのイラスト🎨[2]【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

     

  2. 介助の際に点滴が抜けてしまい皮膚を傷つけてしまった(皮膚損傷)

     

    注意喚起・医療安全」カテゴリのイラスト🎨【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

  3. 朝の薬を昼に服用してしまった(誤薬)

  1. 職員の態度が悪かった(接遇)

態度が悪いイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

そして、上記の問題だけでなく、実際には発生していないが起こりうる可能性があった問題である”ヒヤット”(インシデントと呼びます)するような事例(転びそうになって看護師が手を伸ばして助けられたが、近くにいなかったら危なかった等)も「医療安全」の範疇に入ります。

ベッドから離れたところにある車椅子に乗ろうとして転倒しそうになる患者さんのイラスト🎨【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

そもそも、病院の中で行われる「医療安全の取組」とは、『患者の安全を守ることを主として、さらに幅広い医療関係者の関りのもとに、体系的かつ広範な取組を推進すること』(平成13年厚生労働大臣提唱)となります。つまり、医療安全の問題は病院に勤務する医療従事者がチームで取り組まなくてはならない問題と言えます。

多職種カンファレンスの様子のイラスト🎨【フリー素材】|看護roo![カンゴルー]

関中央病院の医療安全管理室では、病院の中で起こる「医療安全の問題」は「あってはならない問題」としてその原因を「個人の能力」で済ませるものではなく、「医療安全の問題はどんなに注意していても起こりうる問題」として扱い、「チームや組織全体のあり方を改善しなければ防げない問題」として扱い、その問題解決に向けて活動しています。

例えば、最初に紹介した「転倒」の事例では、同じことが起きないように患者様周囲の環境を整える(転びやすいようなものを近くに置かない、ベッドに手すりを設置する等)ことで、問題を繰り返さないような対策を立案し、チームで実行していきます。

 

慢性期とは何か 看護・勤務形態・職場の特徴を紹介します | なるほどジョブメドレー

毎年、年2回の全職員を対象とした医療安全の研修会を実施していますが、今年度は第1回目「転倒・転落」(6月)、第2回目「誤薬」(11月)について、自分達がどうしたらそれを防ぐことが出来るのかを事例を交えながら開催しました。

他部署1日研修(中堅職員研修Ⅱ2日目) | 特別養護老人ホーム江之子島コスモス苑

 

「医療安全」の取組は職員一人ひとりの心がけによることも重要ですが表には出にくい部分もあり、患者様が安心・安全に診療を受けて頂けるよう、これからもチームで協力して関中央病院として「医療安全の質の向上」に取り組んでいきます。

文責 医療安全管理室 古桧山建吾

 

新型コロナウイルスワクチン個別接種実施中!

 この夏、日本国内で猛威を振るった新型コロナウイルス感染症(通称COVID-19)の第5波…。秋の気配とともに新規感染者数が減少傾向となり、岐阜県にも適応となっていた「緊急事態宣言」は無事に解除されました。この第5波が急激に減少した背景には、国民全体のワクチン接種率の向上が大きく関与していると言われています。

 当院でも、今年1月に「ワクチンプロジェクト」を発足して、積極的に取り組んできました。関市役所と連携しながら、高齢者・医療従事者の集団接種、および一般の方への個別接種と、地域住民の皆様のニーズに対応しながら、連日ワクチン接種を実施しています。9月からは、診療が終了した土曜日の午後から、外来全面を利用して、より多くの皆様に提供できる体制を整えました。

現在、関市で使用しているワクチンはファイザー社のもので、当院で接種する分は行政から届けられ、薬剤科に設置してあるディープフリーザーで冷凍保管しています。常時、施錠管理されており、薬剤師がその日の必要本数だけを取り出して解凍します。

 注射の準備は安全面と衛生面を考慮して、2名のスタッフがお互いに確認し合いながら、

クリーンベンチという無菌状態の環境下で行っています。