病院のブログ

病院のブログ

【患者様への分かりやすいご案内にこころがけています】

私たち医事課では、患者様が安心して治療を受けられるよう、事前に入院費や検査費用のお知らせ、また入院証明書などの各種書類の手続き、申請のご案内をしています。

その中で、今回は高額療養費についてお話します。

高額療養費とは、同じ月(1日~月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

しかし、一時的とはいえ、高額のお金を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。ですので、入院費など、事前に医療費が高額になると分かっている場合は、限度額適用認定証を申請していただくと便利です。

限度額適用認定証を利用すると、窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなり、高額療養費(払い戻し)の申請をする必要がありません。ただし、食事負担額や差額ベッド代などの自費分は対象外となります。

◆70歳以下の自己負担限度額

区分

対象者

自己負担限度額(月額)

4回目以降

標準報酬月額83万円~

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

140,100円

53~79万円

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

93,000円

ウ 

28~50万円

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

44,400円

~26万円

57,600円

44,400円

低所得

35,400円

24,600円

 

 

◆70歳以上の自己負担限度額

対象者

自己負担

自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯ごと)

4回目以降

(世帯ごと)

現役並み

所得Ⅲ

3割

252,600円

+(総医療費-842,000円)×1%

140,100円

現役並み

所得Ⅱ

3割

167,400円

+(総医療費-558,000円)×1%

93,000円

現役並み

所得Ⅰ

3割

80,100円

+(総医療費-267,000円)×1%

44,400円

一般

1割・2割

18,000円

年間上限〔144,000円〕

57,600円

44,400円

低所得Ⅱ

1割

8,000円

24,600円

 

低所得Ⅰ

8,000円

15,000円

 

 

※例えば、総医療費が100万円の場合、

制度を利用しないで、3割負担で計算すると、30万円+食事負担額+自費分が窓口での支払いとなります。

制度を利用し、認定区分が「ウ」の場合、3割負担で計算すると、87,430円となり、87,430円+食事負担額+自費分が窓口で支払えばよいことになります。

 

申請窓口は、加入している保険により異なります。

〇国民健康保険・・・市役所・町村役場・各出張所

〇全国協会けんぽ…全国健康保険協会 各都道府県支部(健康保険証に記載)

〇組合・共済健康保険…それぞれ加入されている健康保険組合

 

手続きには、申請書・保健証・印鑑が必要となります。

医事課では、高額療養費、限度額適用認定証の申請方法などご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  電話:0575-22-0012 医事課

文責 関中央病院 医事課 藤田真奈美

【ベトナム ダナン市・グハンソン地区での医療関係者との交流 2019年】

関中央病院グループは、中部学院大学が実施しているJICA草の根技術協力事業として「ダナン市・グハンソン地区の地区病院を中心とする老年ケア・プログラム定着と人材育成事業」への支援として、2018年よりベトナムの医療関係者の視察訪問を2回お受けしております。

独立行政法人国際協力機構(JICA/ジャイカ)は、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、開発途上国への国際協力を行っており、JICA/ジャイカはJapan International Cooperation Agencyの略称です。

今回、8月12日(月)からダナン市・グハンソン地区の病院に長屋看護部長とともに訪問しました。ダナン市は、日本の気候に近い35度程度の気温と湿度があり、病院はエアコンがなく、大型扇風機が回っていました。ベッドにはマットレスなどはなく、直接ござのようなものを敷いて使用されていました。部屋は10~12人が男女関係なく入院できる大きな部屋となっていました。入院するとご家族が食事を持ってくることやケアについても基本的にはご家族が対応されていました。

JICAの活動として、この地区の看護師を対象に老年ケア・プログラム定着と人材育成が目的ですので、栄養グループとケア計画および看護技術グループへの講義とディスカッションを実施し、日本の現状をお伝えしました。グハンソンの看護師や医師などとても明るくて気さくな方々で、ディスカッションが盛り上がりました。(一番大変だったのは通訳の方でしたが)

 

 

 

 

今後、9月24日を皮切りに栄養グループ、看護技術グループ、連携グループ、ケア計画グループ、アクティビティグループの5グループが関中央病院や太陽苑、特養こもれびなどを訪問され、日本の現状を見学いただき、今後のベトナム・グハンソン地区の医療の質向上に役立てていただくための支援ができればと思っています。

文責 香徳会 理事長補佐 山中ひろみ

訪問看護と居宅

【7月より旭ヶ丘訪問看護ステーションの所長になりました藤井です】

現在常勤看護師4名、非常勤看護師5名(内ケアマネ兼務2名)

理学療法士7名、作業療法士2名、言語聴覚士1名、事務1名です。

看護師平均年齢48.6歳です(ベテランですが・・・身体的にかなり頑張ってます)

 薬のセットや内服介助、シャワー・入浴・清拭の介助、オムツ交換、介護相談・助言、点滴の実施、看取りを行っています。

 尿管・胃瘻・胃管・ストマ・HOT・人工呼吸器・吸引・インスリン注射・CVポートの管理をしています。