病院のブログ

病院のブログ

【回復期リハビリテーション病棟入院料1を取得しました!】

当院は2020年9月に回復期リハビリテーション病棟入院料1を取得しました。

2014年に回復期リハビリテーション病棟を開設して以来、入院料1の取得を目指して質の向上に取り組んできました。

 

ところで入院料1って何のこと??

回復期リハビリテーション病棟には、6つの病棟基準があります。

看護師やリハビリスタッフの人数、1日に受けられるリハビリテーションの単位数・種類、重症患者の割合などによって、6段階に分けられています。

(厚労省HP:令和2年度診療報酬改定資料より)

「回復期リハビリテーション病棟入院料1」は、最も高い病棟基準です

看護師の人員が他と比べて充実しています。リハビリ専門職の人員も充実し、言語聴覚士(ST)によるリハビリプログラムの提供が必須とされています。休日もリハビリを行うことを義務付けられています。また、管理栄養士は病棟専任が求められていますし、社会福祉士も配置されています。
特に、急性期の治療後、なるべく早い段階での受入が可能であることもポイントです。
つまり、より手厚い人員体制で、365日切れ目のないリハビリプログラムによって、より多くの重症度の高い患者さんを、在宅復帰へと導いていくための病棟です。

現在、日常生活におけるあらゆる動作(ADL)の質向上を目指して、一日3時間程度のリハビリ専門職(PT、OT、ST)によるリハビリを行っています。また、患者様・ご家族と定期的にカンファレンスを行い、退院後の生活を見据えて一緒に目標を決めて、リハビリプログラムを組み、日常生活リハビリとして、看護師・介護福祉士(介護士)を中心に食事や着替え、排泄などの日常的な動作のリハビリも行っています。

 

 

今は新型コロナウイルス感染症予防のため、当院も面会制限中です。

患者様が頑張っている姿をご家族に見て頂く機会が少なくなっており、大変残念に思っています。実際のリハビリの様子は見て頂けませんが、リハビリに励まれている様子を動画で撮影してご家族に見て頂いています。早く面会が可能となることを祈っています。

現在も、医師をはじめ看護師、介護福祉士(介護士)、リハビリ専門職、社会福祉士、薬剤師、管理栄養士、医事課などの各領域の専門スタッフがチームとなり、連携して患者様のサポートを行っています。

患者様が少しでも自分の生活を取り戻し在宅復帰できるように、今後もサポートさせて頂くとともに、さらなるケアの質向上を目指して、チーム一丸となって取り組んでいきます。

今後もよろしくお願い致します。

文責 回復期リハビリテーション病棟 看護師長 加藤あや子

【2020年6月からマンモグラフィ装置が新しくなりました】

関中央病院では、マンモグラフィ装置(乳房X線撮影装置)を富士フイルムメディカル社製AMULET Innovalityに買い換えました。

みなさんご存じだと思いますがマンモグラフィは、より細かな石灰化を分かりやすく映しだすために、装置で映し出す写真(画像)や体外から放射線を受けること(被曝)について厳しい基準を満たさなければなりません。

今回導入した装置は、これらに適合するに必要な高い画像と体外から受ける放射線が少ない量で対応できるように改善されています。

また、これまでの乳房撮影は『痛い』と言われていましたが、痛み軽減のため圧迫板が従来より柔らかくなったことが特徴的で、検査時の痛みも軽くなるように改善されています。

さらに、撮影後画像確認のための待ち時間がありましたが、撮影直後に画像を確認できる機能を備えているため、ほぼ待つことなく検査を終了することが可能になりました。

乳房検査が初めての方も、是非この機会に受診をご検討下さい。

当院では今年度もマンモサンデーを実施致します。今年度は乳がん検診と同時に子宮がん検診も受けたいとのご要望を多くいただきましたので、同時に受診できるようにしましたので、ご応募をお待ちしております。

今年度のマンモサンデー実施日は

9月13日(日)・10月18日(日)・2月(調整中)

​となっています。

検診をご希望される方は当院までお問い合わせ下さい。

※関市がん検診のクーポン期限は、2021年2月28日です。

                     

                  お早目の受診をお勧めします。

                                                           文責 診療放射線技師 鈴木義昌

【令和2年度 安全・感染勉強会を開催しました】

 

毎年、職員全員対象に5日間に分け、勉強会の開催をしていましたが、今年度は『3密』を避ける対策を取り、新しい勉強会様式で行いました。

 

<感染対策として>

①密集に対しては…7/6~7/10、7/13~7/17の10日間と勉強会の回数を増やし、1回の参加人数を30人までとしました。開催時間は、1回30分です。参加率は、100%でアンケートも皆さん書いていただきました。

②密接に対しては…隣前後の間を空け、中央にも仕切りをしました。また、事前に感染認定看護師、医療安全リスクマネージャーにより、講義をCDRに録画し、毎回流しました。

③密閉に対しては…窓、廊下の扉を全開に対応しました。

そのほか、会議室に入る前は手指消毒を行い、私語をせず静かに講義を受けました。

 

勉強会の内容について>

感染では、新型コロナウイルスについて話がありました。新型コロナについての正しい知識と、どのような状況で感染が拡大していくか理解をすることができました。今後も、自分自身が正しい方法で、日々の業務・生活での感染対策が必要であると思いました。最後にゴスペラーズの手洗いソングが流れて、曲に聞き入ってしまいまいた。

医療安全では、誤認防止について話がありました。日々の業務の振り返りと同時に名前確認の方法と必要性が理解できました。当院のルールとし、診察券又はリストバンドでの確認と本人が話せる場合には、名前を名乗って頂き、さらに、同性同名の場合は生年月日を言っていただき確認をしています。このように、安全のための対策を実施しています。

患者様もご協力お願い致します。

                                            文責 病棟師長 中島義枝

                     

 

 

 

当院概要