病院のブログ

病院のブログ

ふれあい看護体験2019 Inスプリング

関中央病院では、2019年5月18日(土曜日)高校生9名を対象に、ふれあい看護体験を開催しました。 

参加者の皆さんは、病院に到着後、看護師の制服に着替えたあとはやや緊張した面持ちでした。しかし、いざ体験が始まると、いきいきとした表情で看護師の指導のもと、デモ器による採血体験や、車椅子での移動、血圧測定などの実技では「楽しかった、実際に体験できてよかった」と目を輝かせながら嬉しそうに会話が飛んでいました。この看護体験を一生懸命取り組んでいたことが、とても印象的でした。

 病棟での体験として、シーツ交換や足浴、ナースコールに出るなど患者様と笑顔で触れ合うことができ、参加者の皆さんがとてもよい表情で対応されていました。

  体験終了後、昼食をとりながら感想を聴くと、「患者さんと関わることができて良かった」「貴重な体験ができた」「自分の進路を決める機会になってよかった」と自分のこれからの進路についての意見や、また、「患者さんと関わることで逆に元気がもらえた」と人との関わりについても嬉しい意見が聞かれました。

今回のふれあい看護体験を通して『看護師』という職業を身近に感じることができ、将来の夢に近づけるお手伝いができたと思います。

今後も思い出に残るような看護体験を継続して開催していきたいと考えています。皆さんの参加をお待ちしております。       

   文責 回復期病棟主任 長谷部 貴子

リハビリテーション科 教育委員会の立ち上げ

 関中央病院Gのリハビリテーション科は本年4月に新入職員7名(PT5名、OT2名)を迎え総勢53名となりました。新人教育プログラムは昨年から実施できるように整備しましたが2年目以降の教育はまだ十分とは言えない現状がありました。そこで、リハビリテーション科の教育体制を整備するため部署内に教育委員会を立ち上げました。メンバーは科長、主任、中堅スタッフ4名を入れ6名で編成しています。4月より活動が開始できるよう2019年1月にメンバーを招集し、月に1~2回のミーティングを行い今年度の活動の枠組みが完成しました。

 

 活動内容は以下の5点です。

1、新人研修の企画、実施

2、部署研修の年間計画立案

3、学会発表の支援

4、ラダーの作成と運用

5、外部講師による研修会の企画、実施

 

 

 外部講師による研修会は今年度より企画しています。部署全体の知識を底上げするため共通の知識を身に着けることを目指します。外部講師による研修会は年3回を予定しております。土曜日の夕方に時間内で全員参加できるよう勤務を調整し行います。

 初回は2019年6月8日16時から90分間、平成医療短期大学の河村章史教授に脳機能について講義をお願いしました。事前にアンケートを実施し、講義内容もスタッフが興味のある内容にしていただいています。当日は実習生も参加して共に学んでもらおうと思っています。今年度は9月、2020年3月にも外部講師による研修を予定しています。講義内容、講師の選出、日程調整を現在行っている段階です。

 今年はリハビリテーション科教育委員会を中心にスタッフの知識・技術の向上を目指し、よりよいリハビリテーションの実施にむけ努力したいと考えています。

 参加されたい方は、お電話をいただければ対応させていただきます。

 よろしくお願いいたします。

 

                                                                                        関中央病院 ℡ 0575-22-0012 内線 2221

                                                                                         リハビリテーション科 科長 中嶋 久雄

【特定保健指導のご案内】

みなさん、メタボリックシンドロームという言葉は聞いたことありますか?

 メタボリックシンドロームを日本語に直訳すると「内臓脂肪症候群」。腹部の内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、脂質異常症、糖尿病のうち2つを併発している状態のことで、心臓病や脳卒中などを招きやすいことが分かっています。

 心臓病と脳卒中を合わせると日本人の死因の1/3を占めており、いずれも動脈硬化が原因となって起こることが多くなっています。動脈硬化をすすめる危険因子としては、高血圧・喫煙・糖尿病脂質異常症(高脂血症)・肥満などがあげられています。またメタボリックシンドロームの危険性は、自覚症状がほとんどない点で、気が付かない間に動脈硬化はどんどん進行している可能性があるため注意が必要です。

 これらの点から内臓脂肪蓄積を診断するために「ウエスト周囲径」の測定が健診の検査項目に加わり、生活習慣病の予防を重視した「特定健診・特定保健指導」という制度が平成20年より開始となりました。特定保健指導は3ヵ月又は6ヵ月間、医師又は保健師、管理栄養士が指導を行うプログラムで当院では3名の管理栄養士が担当しております。

 新年度が始まり、これから特定健診を受けられる方も多いと思います。もしあなたが保健指導の対象となり、お手元に利用券等が届いた方はぜひ「健康」について見直す良い機会として特定保健指導を受けてみてはいかがでしょうか?

*特定保健指導には利用券が必要となります。当院が、皆様の所属する保険組合対象の施設であるか、お確かめの上ご連絡下さい。

 
   

お問い合わせ先

関中央病院 健診課

0575-21-1080

保健指導担当者又は管理栄養士

文責 栄養科主任 林 詩織

当院概要