病院のブログ

病院のブログ

こんにちは、旭ヶ丘訪問看護ステーションです!!

医療法人 香徳会

旭ヶ丘訪問看護ステーション
関中央病院居宅介護支援事業所

ASAHIGAOKA

「こんにちは、旭ヶ丘訪問看護ステーションです!!」

毎日現在318名(訪問看護とケアマネの利用者合計)の利用者様の
お宅へ訪問させて頂いております。

・・・・お邪魔しています!!・・・・
・・・ありがとうございます!!・・・

【私たちの取り組み】

在宅を支える自立支援へのアプローチ

訪問リハビリの場合

生活とは、生きて活動する。生活の中には人それぞれの様々な生活習慣やこだわりがあります。
生活機能から生活を見ることで、生活の中で目標を見出しその目標に向かってリハビリを進めていく。
例えば、「トイレで排泄をしたい」「孫と一緒にお風呂に入りたい」(玄関でお客さんを迎えたい)といった目標を掲げて目標に向けて段階的に計画を立ててリハビリを進めています。

*訪問の事例を紹介します。

脳出血で左半身麻痺の利用者様

(目標)―玄関でお客さんを迎えたいー

*ベット・床からの立ち上がり、座り・歩行のリハビリを行っています。

*玄関の段差を降りて、カギを外し玄関を開ける。次に鍵をかけて玄関の段差を登りベットまで帰るリハビリを行っています。

現在では、訪問時に玄関の鍵を開けて迎え入れてくださいます。今後も自立支援が出来るアプローチを継続していきます。

在宅でのリハビリは、その人がその人らしい生き方を実現するためのリハビリであり、利用者様が中心となりその方のリハビリを支える役割を私たちが担えるように取り組んでいます。

ケアマネージャーの場合(月にひとり約39名の利用者様の所に訪問しています)

「こんにちは、関中央病院居宅介護支援事業所のケアマネージャーです!!」

在宅を支える自立支援のためのアプローチ

私たち、主任ケアマネの3名は、包括支援センターと他の事業所の主任ケアマネと連携して地域で暮らす高齢者の自立支援の一環として、安価で市が運営をしている、シティバスやオンデマンドバスを利用して、病院受診や買い物などの外出が一人でも出来る。に取り組みました。(自立支援)
まずは、私たちが「シティバス・デマンドバス」についての理解を深めることから始めました。

1,市の広報課に聞き取り調査の実施

  • 時刻表が字が小さく見にくい為、希望した方に、拡大した時刻表を提供している
  • 狭い道路に対応できるように、小瀬がデマンドタクシー、田原がデマンドバスになっている
  • シティバスは、車いすに対応でき、運転手がスロープをかける。事前に車いすと伝えておけば、時間を調整してくれる。

2、シティバス・デマンドバス マップ作り

バス路線ルートマップを作ることで、地域のバス利用可能範囲を視覚的に把握することができた。
(すべてのバス停の写真を撮り地図に張り付けた)

3、地域の高齢者に聞き取り調査を実施(総回答:154人)

Q:関シティバス・デマンドバスを知っていますか?
A:知っている 91人 知らない 62人 無回答 1人 

Q:知っている方にお聞きします。バスを利用していますか?
A:利用している 12人 利用していない 79人 
利用したい方の理由・・・・タクシーよりも料金が安い
利用したくない方の理由・・・自分で運転できるから、家族が送迎してくれるから、利用方法がよくわからない、使い勝手が悪そうだから

(結果)
高齢者の利用が少ないことがわかった。
タクシーよりも料金が安いことに魅力を感じてはいるが、それ以上に利用方法がよくわからなかったり、使い勝手の不安と不満が、高齢者の中にあることに気付いた。

どうしたらバスを利用できるのか?

  高齢者でも使いやすい手順書みたいな、バス乗降パス(字が大きく見やすい)を作成

バス乗降パス・・バスにのりんせえ!・バスをおりんせえ!

活用実験を開始(実際に利用者様とバス乗降パスを使って、目的地まで行って、帰ってきました。)
ケアマネと一緒にバス停の名前・乗る時間・降りる場バス停・帰りの乗るバス停の名前・時間を一緒に決めて、バス乗降パスに記入していきます。その後、実験開始しました。

(結果)
帰りのバスの時間までの待ち時間が長い、バス乗降パスを運転手さんに診せることは、乗る時には後ろからのる為運転手さんに見せるためには前まで行かなくてはいけない(危険である)などの問題が多く分かりました。
公共交通機関はとても安価であり福祉にも目を向けられた、優れた移動手段である。
地域の高齢者が一人でも安心して買い物や受診が出来る事が出来るように今後も自立支援の取り組みを継続しています。この取り組みは、地域での活動として発表しました。

私たちケアマネは、利用者の今ある力を最大限に発揮してその人がその人らしく地域で安心して生活が継続できるように支援していきます。

この車を見かけたら、手を振ってね!!  

私たち頑張ってますよ~ 3階病棟 2年目看護師

昨年4月3階病棟へ入職した新人看護師4名が2年目になりました。

一年間、毎月行われる新人研修や現場での指導・実践を通して、基礎的な知識・技術を習得し科学的根拠に基づいた看護実践能力を養ってきました。3月には受け持ち患者さんの看護を振り返りケーススタディをまとめ上げて発表もできました。

そんな4名の看護師に今の気持ちをインタビューしてみました。

 

『良い学びと経験をすることができました。看護技術だけでなく、症状別看護や多重課題についても学ぶことができました。グループでの話し合いや実践も行い、日々の業務に活かすことができています。この一年で学んだことを業務の中で活かしていけるよう努力していきたいです‼』  

浅井さん

 

 

 『看護実践に関する知識・技術の向上に役立てることができました。看護師として不安や戸惑いがある時期は座談会を通じてみんな同じように不安を抱えていることを知り、自分だけではないと安心することができました』  

三輪さん

 

 

IMG_7638

『日常的な技術から始まり、夜勤が入る前には夜勤についてなど、必要な時期に研修があり、うれしかったです。ただ、日曜日は早い時期から1人で検温に行くので逆シャドーイングを前半・後半にそれぞれあったらよかったです』  

富成さん

 

 

 

『看護技術・症状別看護・事例検討など、さまざまな学習をし、より実践に活かせる学びができました!座談会では、同期が今どんな悩みを抱えているのかを知り、私ももっと頑張りたいという思いになれる場でした。これからも学んだことを精一杯活かして業務に臨んでいきたいです‼』  

嶋田さん

 

 

皆それぞれでの学びがあり、現場で頑張っています。本当に成長しましたね。

この4月からは2名の新人看護師も入り先輩となりました。先輩としての自覚を持ち、これからも一緒に頑張りましょうね。

 

階病棟 看護師長 加藤あや子

 

特別養護老人ホーム「せきこもれび」 4月オープンに向けて頑張っています!

当院東側にアーモンドブラウンの3階建ての建物が完成しました。利用定員100名(長期入所80名、ショートステイ20名)の特別養護老人ホーム「せきこもれび」が4月より新築オープンします。『地域と家庭のつながりを大切にし、一人ひとりの人格を尊重した生活を支援します』を基本方針として、スタッフ一同利用者様をお迎えする準備をしております。

 20160331-1

 

 

 

 

 

 

20160331-2

 

 

 

 

 

 

 

高齢者人口は今後ますます増加し、2042年にピークを迎えると言われています。出生率の低下とともに、今では65歳以上の高齢者を2人で支えていかなければならない時代になってきました。そこで「せきこもれび」では要介護3以上の方を対象として、利用者の皆様が生活しやすい環境を整え、真心のこもった介護の提供を目指していこうと考えています。入所はすべて個室となっており、共有スペースは飛騨の家具を取り入れた温かみのある落ち着いた雰囲気です。病院が隣接しているため、医療が必要な場合にもスムーズに対応できるのが強みです。この地域での高齢者福祉に貢献するために「せきこもれび」いよいよスタートします!

20160331-4

 

 

 

 

 

 

 

20160331-3

 

 

 

 

 

 

 

感染対策室 看護師長 石原弘美

 

当院概要