個人情報保護について

当院では、理念・基本方針に基づき患者様の状態に応じて、必要な医療サービスを提供させていただいております。その場合、患者様に関する様々な情報が必要になってきます。患者様との信頼関係を築き上げ、安心して医療サービスを受けていただく為には、患者様の個人情報の管理が必要です。大切な個人情報とプライバシーを保護する目的で、以下に提示する様々な取組みをしています。

個人情報保護への取組み

  1. 治療を目的とした個人情報の利用と情報の共有
    • 当院では医師や看護師、その他の職員が取得した情報はあなたの診療録に記録され、最良の治療が行われるために利用されます。
    • 最良の治療が受けられるよう、個人情報を他の病院の医師に提出し、意見を求めることがあります。
  2. 医療保険事務や外来、病棟管理、会計、経理、医療安全対策、院内感染対策、個人情報保護対策に利用されます。
  3. 関中央病院以外の診療所や病院、行政との連携に利用
    • 当院では継続して良い治療が受けられるよう、診療に関する報告書のコピー、処方箋のコピーなどの個人情報を治療を引き継ぐ医師、診療所、病院、介護施設に提供することがあります。
    • 癌等の疫学調査などにあなたの疾患があてはまる場合には、個人情報の一部が行政機関に報告されます。
  4. 検体検査業務委託などの場合
    • 採血や病理検査などで検査を外部業者に委託した場合、検体誤認を防止するため情報を利用します。
      〔委託先: (株)東海細胞研究所、(株)シオノギバイオメディカルラボラトリーズ、(株)メディック〕
  5. 外部業者への対応
    • 委託業者(外注検査、産業廃棄物処理業者、派遣会社、システム会社)と守秘義務契約を交わし、安全管理に努めます。
  6. 医療保険事務のうち、審査支払機関へのレセプト提出や同機関からの照会に個人情報を利用します。
  7. 学会・研究会での利用
    • ご本人の同意を得て個人情報を医師、看護師、その他職員の勉強会などの教育目的に利用させていただくことがあります。
    • ご本人の同意を得て学会や研究会であなたの個人情報を医療の発展を目的として利用させていただくことがあります。
    • 学会や研究会は氏名等の個人を特定できるような情報は発表いたしません。
  8. 病名や病態の告知について
    • 当院では最良の治療が継続できるようご本人に病名や病態を告知しています。しかし、病名を知る権利と知らなくても良い権利がありますので、告知を受けたくない方は主治医にお申し出下さい。
    • ご本人だけに告知したり、告知するご家族をご希望通りに限定することも出来ます。その際には主治医にお申し出下さい。
  9. カルテ情報の公開
    • 当院では原則としてカルテ情報の公開を行っております。
    • カルテ情報公開を希望される方は医事課までお申し出下さい。
    • 迅速に公開するよう努力しますが、最良の治療の継続に支障を来す場合などには、カルテ公開しないことがあります。その際には、速やかに文書でお知らせします。
  10. プライバシーの保護
    • 当院ではプライバシーの保護が重要な課題であると考えています。
    • 当院では患者様の安全確保のためご要望がない場合を除き、お名前でお呼び致します。
    • 当院では事故防止、安全確保のため、ご要望がない場合を除き、病室にお名前を表示しています。
    • 当院では、入院中の患者様のプライバシー保護のために入院をお知らせしないシステムを設けております。希望される方は申し出てください。
  11. 電話での問い合わせ
    • 当院では電話あるいは面会者からの部屋番号等の問い合わせは、ご希望されない場合を除き、お答えいたします。
  12. 医療情報の訂正などの申し立て
    • 当院ではあなたからお預かりした大切な医療情報を保存しています。名前などの訂正がありましたらお申し出下さい。
  13. 個人情報取り扱い責任者
    • 大切な個人情報が漏れた場合もしくは、情報が漏れていると思われるときには医事課にお申し出下さい。
    • 医事課はすぐに医療情報取り扱い責任者に報告し、対処します。
    • 当院の個人情報取り扱い責任者は 院長 齊藤 雅也 です。

当院における個人情報の管理者、相談窓口

個人情報保護管理者 院長 齊藤 雅也
個人情報に関する問い合わせ先 11番申込窓口  電話:(0575)22-0012
当院概要