両親を連れて下呂温泉に行ってきました‐Dr KATOの今日の一言‐

2019年11月14日

3月に現役を引退し、家にいることが多くなった父…最近同級生や友人が相次いで鬼籍に入り少し意気消沈していて、このままだと、要支援1状態になるリスク有り!と診断し(笑)、生活支援事業(?)兼引退記念を兼ねて(、両親を下呂温泉に招待。両親の友人お勧めの旅館にゆっくり滞在しました。お湯も良くて、料理も堪能できました…少々お高いのが、、、、でしたが、「あと何回一緒に行けるか?分からんしな?」と清水の舞台感覚で行ってきました。仲居さんが、テキパキといろいろと料理を運んで丁寧に説明してくれてよかったですね。お歳を伺うと「83歳」とか、今でも「山ガール」北アルプスに登頂するそうです。テキパキと布団を敷いてくださった男性も86歳!うちの両親はこのお二人に元気を貰ったようです。超高齢化社会…頑張って生きていこうと思った私でした。

 







前のページに戻るページのトップへ戻る



当院概要 理念