■高血圧患者はインフルエンザワクチン接種で死亡リスクが下がる

‐Dr KATOの今日の一言

2019年10月8日

私も出席していました欧州心臓病学会(8月31日〜9月4日開催)で発表されておりました.デンマークで60万人を対象とした研究では,高血圧で治療中の患者がインフルエンザワクチン予防接種を受けていたかどうか?

で比較した場合,ワクチン接種を受けていた人は,ワクチン接種を受けていない人に比較して死亡率が18%低下したと報告されていました.

 







前のページに戻るページのトップへ戻る



当院概要 理念