病院のブログ

病院のブログ

新型コロナウイルスに対する当院の取り組み

2019年12月に中国湖北省武漢市から発生した新型コロナウイルス感染症。岐阜県内での感染者数は6名(3/23時点)ですが、隣の愛知県ではすでに130名を超えており、決して「対岸の火事」ではありません。当院でも直面する新型コロナウイルスの感染拡大に向けて様々な対策を行っています。

受付では発熱や呼吸器症状の有無をお尋ねしており、該当される患者様は他の方と交わらない場所でお待ちいただきます。すぐに外来看護師が発熱者専用エリアまで誘導し、問診⇒診察を行っています。

1.新型コロナウイルスの感染者は40歳代~70歳代が多いと報告されています。入院患者様を守るためには『ウイルスを院内に持ち込まない』ことが重要なので、当院では洗濯物の交換や患者様の病状変化、入退院など特別な用事意外の面会は禁止させていただいております。大変申し訳ありませんがしばらくの間は、ご理解とご協力をお願いします。


 

2.職員が院内で感染を広げないように、出勤した職員は毎日所属長へ体温を報告し、発熱がある場合は業務しないように徹底しています。また全員がマスクを装着しており、食事の時は向かい合わない配置にするなど、クラスター(感染集団)の発生を防止するよう努めています。


 

3.病院長と全所属長が参加する「新型コロナウイルス(COVID-19)会議」を週2回開催しています。現状の情報共有や、患者増加を想定した場合の対応策を検討しており、いざという時に地域の皆様へスムーズな医療提供ができるよう準備をしています。

 

 

【新型コロナウイルスを集団発生させないために…】~厚労省からの呼びかけ~

  • 手洗いと咳エチケットは必ず守りましょう。
  • クラスター(感染集団)を作らないことが重要です。換気の悪い密閉空間に多くの人が集まって近距離で会話をすることで感染の輪が広がってしまいます。日常生活でも個々で自粛して、新型コロナウイルスの感染拡大を防止しましょう!

    

文責 感染対策室 石原弘美

 

当院概要