病院のブログ


【患者様への分かりやすいご案内にこころがけています】

私たち医事課では、患者様が安心して治療を受けられるよう、事前に入院費や検査費用のお知らせ、また入院証明書などの各種書類の手続き、申請のご案内をしています。

その中で、今回は高額療養費についてお話します。

高額療養費とは、同じ月(1日~月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

しかし、一時的とはいえ、高額のお金を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。ですので、入院費など、事前に医療費が高額になると分かっている場合は、限度額適用認定証を申請していただくと便利です。

限度額適用認定証を利用すると、窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなり、高額療養費(払い戻し)の申請をする必要がありません。ただし、食事負担額や差額ベッド代などの自費分は対象外となります。

◆70歳以下の自己負担限度額

区分

対象者

自己負担限度額(月額)

4回目以降

標準報酬月額83万円~

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

140,100円

53~79万円

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

93,000円

ウ 

28~50万円

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

44,400円

~26万円

57,600円

44,400円

低所得

35,400円

24,600円

 

 

◆70歳以上の自己負担限度額

対象者

自己負担

自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯ごと)

4回目以降

(世帯ごと)

現役並み

所得Ⅲ

3割

252,600円

+(総医療費-842,000円)×1%

140,100円

現役並み

所得Ⅱ

3割

167,400円

+(総医療費-558,000円)×1%

93,000円

現役並み

所得Ⅰ

3割

80,100円

+(総医療費-267,000円)×1%

44,400円

一般

1割・2割

18,000円

年間上限〔144,000円〕

57,600円

44,400円

低所得Ⅱ

1割

8,000円

24,600円

 

低所得Ⅰ

8,000円

15,000円

 

 

※例えば、総医療費が100万円の場合、

制度を利用しないで、3割負担で計算すると、30万円+食事負担額+自費分が窓口での支払いとなります。

制度を利用し、認定区分が「ウ」の場合、3割負担で計算すると、87,430円となり、87,430円+食事負担額+自費分が窓口で支払えばよいことになります。

 

申請窓口は、加入している保険により異なります。

〇国民健康保険・・・市役所・町村役場・各出張所

〇全国協会けんぽ…全国健康保険協会 各都道府県支部(健康保険証に記載)

〇組合・共済健康保険…それぞれ加入されている健康保険組合

 

手続きには、申請書・保健証・印鑑が必要となります。

医事課では、高額療養費、限度額適用認定証の申請方法などご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  電話:0575-22-0012 医事課

文責 関中央病院 医事課 藤田真奈美

コメントは受け付けていません。

当院概要