病院のブログ


【総務課設備では、こんな仕事もしています】

関中央病院グループの設備職員は5人で構成されています。

仕事内容は、デイサービスの送迎、什器備品の修理、社用車21台の管理、上下水道・ガス・電気・空調等の管理など多岐にわたります。時折、蛇や蜂の退治等もします。

中でも、最近特に多い作業が、物品の移動、改造です。

今年度は、香徳会全体で「職場の5S活動」に取り組んでいるため、必然的に物品の移動等が多くなっているようです。それぞれの部署でも日ごろから5Sを心がけてはおりますが、グループ全体となるため、規模も大きなものとなっています。当院も開院から20年以上経っているため、20年来捨てなかった備品、いつかは使おうと保管していた備品等、多くのものがあります。

そんな中、先日、病院内の蔵書の整理をしました。1,000冊以上の学術書や専門書、約5,000冊もの小説、文庫本、漫画等かなりの数量があったかと思います。院内の地下1階から、5階までに配置されていた各本を、管理担当者が、要不要の選別をした後、設備職員で運び出しました。古本買取ショップにも整理の協力を依頼した結果、最終的には、図書室に本棚1つとスリム化できました。

部屋がすっきりすると、気持ちも晴れ晴れします。今後、整理した結果で、まだまだいろいろな不要物品、物の改造、ちょっとした建物改修が出てくるかと思いますが、設備の方でも出来る限りバックアップしていきますので、いつでも気軽にご相談してください。  

                                 2019年8月    文責  設備課主任 山田 毅

<整理した本の一部>                           <整理した本棚> 大小7棚

                

                        <すっきりした図書室>

                          <日常の業務等>

           

コメントは受け付けていません。

当院概要