病院のブログ


ふれあい看護体験2019 Inスプリング

関中央病院では、2019年5月18日(土曜日)高校生9名を対象に、ふれあい看護体験を開催しました。 

参加者の皆さんは、病院に到着後、看護師の制服に着替えたあとはやや緊張した面持ちでした。しかし、いざ体験が始まると、いきいきとした表情で看護師の指導のもと、デモ器による採血体験や、車椅子での移動、血圧測定などの実技では「楽しかった、実際に体験できてよかった」と目を輝かせながら嬉しそうに会話が飛んでいました。この看護体験を一生懸命取り組んでいたことが、とても印象的でした。

 病棟での体験として、シーツ交換や足浴、ナースコールに出るなど患者様と笑顔で触れ合うことができ、参加者の皆さんがとてもよい表情で対応されていました。

  体験終了後、昼食をとりながら感想を聴くと、「患者さんと関わることができて良かった」「貴重な体験ができた」「自分の進路を決める機会になってよかった」と自分のこれからの進路についての意見や、また、「患者さんと関わることで逆に元気がもらえた」と人との関わりについても嬉しい意見が聞かれました。

今回のふれあい看護体験を通して『看護師』という職業を身近に感じることができ、将来の夢に近づけるお手伝いができたと思います。

今後も思い出に残るような看護体験を継続して開催していきたいと考えています。皆さんの参加をお待ちしております。       

   文責 回復期病棟主任 長谷部 貴子

コメントは受け付けていません。

当院概要