病院のブログ


【吉備国際大学大学院の博士号を取得しました】

 私は、関中央病院のリハビリテーション科に常勤の作業療法士として勤務しながら吉備国際大学大学院の修士課程に2年間、博士課程に3年間の計5年間通学しました。そして、2018年3月に博士号(保健学)を取得することができました。

 大学院では、医療従事者同士の葛藤や対立に関する研究に取り組んでいました。5年間、一心に自分のやりたい研究に取り組めたことは、私の人生の大きな財産になったと思います。

 実際に、大学院には一週間に1度のゼミ(木曜日開催)や、定期的な計画発表会や中間発表会などがあり、それらに出席する必要があります。そして、国内の学会で随時研究の成果を発表する必要があります。また、博士の学位を取得するためには、査読付き学術雑誌に自分の研究論文を投稿し、それが採択される必要があります。私自身は特段能力が高いわけでも、要領がいいわけでもありませんでした。研究を進めるにも、論文を書くにも多くの時間を必要とします。したがって、普段の生活から常に時間との勝負の状況が続いていました。

 関中央病院のリハビリテーション科には、私が作業療法士として勤務しながら大学院生を続けられるように多くの配慮をして頂きました。例えば、ゼミに希望して参加できなかったことは5年間でおそらく一度もありません。また、学会発表の際には準備費や参加費、旅費をバックアップして頂きました。そして、修士論文や博士論文の執筆で切羽詰まっている時には、可能な範囲で休みを調整してもらいました。

 リハビリテーション科で修士・博士の学位を取得するのは、私が初めてであったため、常勤として働きながら学位を取得することができるのか、不安はありましたが最大限の配慮をして頂いたと思っています。このように最短で修士・博士の学位を取得できたのは、バックアップ体制が5年間の間、一貫して存在したからだと思います。

 今後、後輩スタッフが大学院に進学しながら働きたいといった希望を出してきたとしても、この環境であれば頑張れと背中を押してあげられると思います。ただ、大学院生と社会人との二足の草鞋はけっして楽ではないですが(笑)

作業療法士 主任 古桧山建吾

コメントは受け付けていません。

当院概要