病院のブログ

病院のブログ

【訪問診療を始めました!】

 関中央病院グループは、関市の地域包括ケアシステムの中心となれるように、現在システムの構築を目指して取り組んでいます。その一環として、在宅医療に目を向けて、『訪問診療』を開始しました。2018年3月から開始し半年が経過しましたが、少しずつ利用される患者様も増えてきています。

 『訪問診療』とは、通院が困難な患者様のご自宅へ、医師が定期的にお伺いして診察を行い、計画的に健康管理を行うものです(体調が悪くなった時に医師が診察にうかがう『往診』とは異なります)。

 

 

 

 

 

 

 植松院長が主に訪問診療を行っていますが、10月から小木曽先生も訪問診療を開始されています。私たち外来看護師も一緒に同行し、患者様・ご家族様のサポートをさせて頂いています。新しい取り組みですので、患者様・ご家族様にとって良い方法を、試行錯誤しながら取り組んでいます。

 患者様・ご家族様からは、

・やっぱり家がええよ~(満面の笑みで)

・先生が来てくれるから安心やわ

・病院に通う事が大変だったので、本当にありがたいです!!(手を合わせて拝むように…)

等々、大変嬉しいご意見を頂いています。

 ご自宅で過ごされている患者様は、本当に穏やかな表情で、入院中には見ることができなかった表情を見ることができます。「自宅が一番」と、改めて実感させられます。患者様やご家族様の笑顔を見ることは、私たちにとっても大変嬉しいことです。

 5月には、ご自宅での看取りのサポートも行いました。ご家族様と病院、訪問看護で連携を図ることで、患者様が住み慣れたご自宅でご家族に囲まれて、最期の時まで過ごしていただくことができました。

 

 

 

 

 

 

 少しでも多くの方が笑顔で、自宅での生活ができるように、今後も患者様・ご家族様の意思やご希望を尊重しながら、私たちはサポートしていきたいと思っております。

『訪問診療』は、以下のような方にご利用いただけます。

・お体が不自由で外出が困難な方

・介護者が高齢であり、対象者様の移動のお手伝いができない方

・生命維持に関わる医療機器などを装着しており、移動に困難を要する方

・ご自宅で、生涯を終えたいとお考えの方

「訪問診療を使いたいな」、「具体的には何をするの?」、「ちょっと話を聞いてみたいな」など、何でも結構ですので、いつでも気軽にお声かけ下さいね。

(尚、ここに掲載させていただきました患者様・ご家族様には、掲載の承諾を頂いております)

 <相談窓口>

  関中央病院 外来 訪問診療係 

           担当:鈴木・加藤

 

 

             文責 外来師長 加藤あや子

     

【認定看護管理者を取得しました】

                 

 私は岐阜県立看護大学大学院 機能看護学領域で専門機能の特性に相応した看護サービスの提供体制、看護組織の在り方をについて学び、看護学修士を2016年3月に取得致しました。そして、2018年に認定看護管理者の資格を取得致しました。 

 看護部理念である「その人らしさを尊重した看護・介護の提供」が実践できるために、看護師・介護士の教育体制を見直し、質の高い看護サービスが提供できるようにすることが重要だと思っています。

 また、医療事故を防止するための環境を整え、より安全に配慮した部署運営ができるように努めていきたいと思います。

 これからも職場環境を整えることや職員個人のワークライフバランスの推進にも力をいれていくことにより、働きやすい職場づくりが推進できるように努力していきたいと思います。

             

                                        

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                    文責 副看護部長 長屋由美

当院概要