病院のブログ

病院のブログ

【医事課ってどんな部署?】

「医事課」というとあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「医療事務」といえば耳にされたことがあるのではないでしょうか。

「医療事務」とは、主に日々の外来患者様に対する「外来医事業務」、入院患者様に対する「入院医事業務」、医療費の請求に係る「保険請求業務」、病院の運営に必要な「統計業務」、外来・入院の診療録(カルテ)の管理に係る「診療録管理業務」などにより構成され、これらの業務を行う病院内の部署を「医事課」といいます。

医事課のお仕事

【受付・会計業務】

・初診や再診の方の受付 、健康保険証の確認 、 患者様の診療費の請求をおこなう会計業務

【医事業務】

・外来カルテ作成 、 書類の受付 、 患者様が受診した診療科で行った診療内容を算定し、診療費を確定します。

【病棟業務】

・入退院の手続きおよび入院診療費の算定・請求業務

【医師事務作業補助】

・これまで医師が行ってきた診断書などの文書作成などの事務作業を、医師の指示の元で代行しています。

【統計業務】

・医療事務などから得られるデータを統計として取りまとめ病院運営に活用しています。

【診療録管理】

・診療情報管理業務は、外来・入院診療録(カルテ)の保存管理をしています。当院の診療録は10年間の保存期間を経て廃棄処分されます。

【保険請求業務】

会計窓口で自己負担額をお支払いされた以外の診療費を1ヶ月の診療内容にまとめた診療報酬明細書(レセプト)を作成し、保険者へ請求するとともに、診療報酬の査定、請求漏れ防止に取り組んでいます。

病院にご来院された時、まず最初に皆様にお会いするのが医事課の私たちです。

ご来院された皆様がすこしでも気持ち良くお過ごしいただけるよう、心を込めてご対応させていただきます。

医事課職員一同、患者様が少しでも安心して診療を受けていただけるよう日々努力してまいります。

 

 

文責 医事課主任 片桐圭一

【第16回 関中央病院グループ QC大会】

2018年、新しい年を迎えました。みなさま健やかにお過ごしでしょうか。

本年も、関中央病院グループをどうぞよろしくお願いいたします。

 今回は、昨年末に行われたQC大会をご紹介いたします。

去る2017年12月11、12日の2日間に、第16回QC大会と第11回小改善コンテストを合同開催いたしました。

 この会には当院職員のみではなく、近隣の病院、県外の医療法人や行政から来賓を招き開催しています。参加していただいた来賓の方から「とても活発なQC活動だと感動いたしました。私どもの病院でも、QC活動に取り組み始めています。今日の発表を、当院でのQCの取り組みに参考にさせていただきたいと思います。」と、お褒めの言葉をいただきました。15部署からのエントリー中、上位3位までの紹介をさせて頂きます。

 

【QC大会成績発表】

1位:検査科【チーム名】飛び出せ! けんさ~ず   『そうだ!病棟、行こう』
【チームリーダーから一言】 
忙しい病棟スタッフさんの少しでも手助けになれればと、今後も継続していきたいと思います。検査科全員でこのQC活動に取り組んできました。
 
2位:4階回復期リハビリ病棟【チーム名】昇竜   『退院支援への取り組み』退院調整におけるシステム構築を検討する
【チームリーダーから一言】    
今年度の取り組みは、システム改革で大幅に変更をしてしまったこともあり大変でしたが、病棟のスタッフの皆様のご協力もあり、入賞に選んで頂けたことで一年間の活動の成果があったと受け止めています。
今後もより良い退院支援を目指していこうと思います。
ありがとうございました。
 
3位:薬剤科【チーム名】ポリ100%  『空前絶後のポリファーマシーへの取り組み』
【チームリーダーから一言】
ポリファーマシーに対する取り組みにおいて、どのように仕組みつくり、標準化していくかという点で大変苦労しました。現在回復期、療養病棟を主体に行っていますが、今後は一般病棟へ、取り組みを広げていきたいと思っています。

 

関中央病院グループでは、より良い病院・施設になれるよう、日々職員が努力しており、このようなカイゼン活動を大切にしていきたいと思っております。

文責 病棟統括師長 渡辺佳美

 

1位:検査科【チーム名】飛び出せ! けんさ~ず

 2位:4階回復期リハビリ病棟【チーム名】昇竜

 

3位:薬剤科【チーム名】ポリ100

 

 

当院概要