病院のブログ

病院のブログ

関中央病院グループ職員会 ソフトバレーボール大会の開催

 関中央病院グループ職員会では、職員間の交流を目的とし、毎年2回ソフトバレーボール大会を企画しています。今回は平成29年6月24日(土)午後6時から「関市総合体育館サブアリーナ」で開催致しました。参加者職員は79名と多く、さらに家族やお子さんも一緒に参加し応援してくれました。

  

 部署対抗で13チームが予選リーグ、決勝リーグと合計5試合以上を行いました。中には互角の力でなかなか勝敗が決まらないなど接戦も多くあり、好プレーや得点が決まった後の笑顔、自分の部署を大声で応援する姿など白熱した対戦が多く見受けられ、普段の業務中とはと違った職員の姿を見ることが出来ました。

試合結果は 1位 4階病棟 2位 5階病棟+栄養科 3位  健診課+総務課でした。

  

 職員会では、各メンバーが頭をひねって多くの豪華景品を準備しました。そして、上位のチームから景品を選ぶことが出来る仕組みにしていますので、景品をみんなで分けるのもバレーボール大会の楽しみの1つです。

今回はソフトバレー大会を最初に企画し継続してきてくださった亀山診療技術部長が定年退職を間近に迎え最後の参加となったため、部長賞も準備していただき、いつも以上に豪華景品と想いの詰まった大会運営となりました。

 このような職員の交流、スポーツ活動を継続してきたことにより岐阜県レクリエーション推進団体の認定を平成28年8月29日に取得することが出来ました。

職員会代表 リハビリテーション科 中嶋

平成29年度 看護部総会

平成29年6月22日(木)に看護部総会を行いました。

6月現在、看護部総数209名中夜勤や遅番などで仕事中以外の方115名が集まり、にぎやかな総会となりました。

山中院長補佐兼看護部長からの『平成29年度看護部方針』の説明から始まり、長屋副看護部長から『看護協会・看護連盟について』、渡辺病棟統括師長から『クリニカルラダーについて』のお話を伺いました。