病院のブログ

病院のブログ

くるみ保育所にサンタがやってきた!!

こんにちは。

寒くなってきましたが、子どもたちは元気にお外で遊んでいます。平日は25~30人で土曜日は定員の40人のお友達がくるみ保育所を利用しています。

平成28年12月22日には、クリスマス会を行いました。参加者は、29人でした。

みんなで楽器を持って演奏したり、自分で製作したツリーを持って写真撮影をしました。するとサンタクロースが登場して、電車とお菓子のプレゼントをもらいました。

早速、電車で楽しそうに遊んでいました。

                                                       

お昼は、バイキング給食でみんな嬉しそうにいっぱい食べていましたよ。

楽しいクリスマスの1日になりました。 

新年を迎えたら、太陽苑やグループホームあさひのおじいちゃんやおばあちゃんたちに年賀状を届けに行く予定です。 

いろいろな行事を楽しみながら、「安全な保育」を心がけていきます。

   

                 くるみ保育所 林 知子

【第6回 関中央病院 健康・福祉講座の開催】

 平成28年11月26日(土)今回のテーマは「糖尿病について」です。講師は岐阜大学大学院医学系研究科、総合病態内科学分野の池田 貴英先生にお願いいたしました。講義の内容は、糖尿病は現代病ともいわれ、病気の概要から予防や治療等、どなたにも分かりやすく、やさしい眼差しで語り掛けていただけました。当日は天気にも恵まれたこともありましたが、病院1階の待合室にて行われ、約30名程の参加者があり大変賑わいました。講演後は質問コーナーもあり、日頃は診察を受けないと聞けないお話も大学病院の専門医と直接お話できるということもあり、会場からは様々な質問があり勉強になりました。

 このように地域の方々が参加できる勉強会を年に2~3回、企画・実施しております。皆様も関心、興味のあるテーマの時には足を運んでいただきたいと思います。お茶やジュースも御用意しておりますので、是非、ご参加くださいね。

      

【岐阜県総合医療センターより感謝状の贈呈】

 平成28年12月2日(金)岐阜県総合医療センターの滝谷理事長兼院長が当院に来院され、永年にわたる診療・医療連携について感謝状をいただきました。その後、副院長兼がん医療センター長の国枝先生、副院長兼看護部長の田垣様、連携室神谷様を交え、当院から植松院長、副院長兼看護部長、事務長、地域連携室担当者が出席し、地域医療の現状や課題等について懇談をいたしました。

 当院と岐阜県総合医療センターは、特に高度急性期医療に関わる分野においては、常に連携を取っております。距離的にも17Km程、時間として車で30分程度になりますので受診しやすい距離といえます。当院は回復期リハビリテーション病棟や医療療養病床を有しておりますので、岐阜県総合医療センターにおいて高度急性期医療を受けられた患者様がご自宅に戻られるための医療を担当します。今後も引き続き「病病連携」を尚一層推進し、互いの強みを生かして地域医療の貢献に尽力していきたいと思っております。

 地域連携室 川地信也

          

 

当院概要