病院のブログ

病院のブログ

ジャパン・マンモサンデーの開催

去る平成28年10月16日(日)当院にて日本乳がんピンクリボン運動

(ジャパン・マンモグラフィーサンデー)を開催致しました。

今年は、平成21年から毎年実施していますので7回目の開催となりますが、

関市広報の掲載と市内の小中学校保護者宛ての案内パンフレットに掲載された

結果、127名の方々に受診していただくことができました。

マンモサンデーの内容としては、山内副院長および大高医師による診察と、女性診療放射線技師よるマンモグラフィー撮影を実施しました。

 

         

 マンモグラフィー撮影は、上下の圧迫板にて乳房を挟みレントゲン撮影を行います。ょっと痛いですが、乳房を薄くすることにより乳腺が良く見えるようになり、レントゲンの被曝量も少なくてすみます。手に触れてしこりが分かる前に手術をすれば、乳房の形もほとんど変わることなく、しかも命が助かる治療を受けることができます。今では早期に見つかれば10人のうち9人は助かります。特に、撮影はすべて女性技師が担当しておりますので安心して受けられます。

 

 乳がん検診の受診率についてですが、欧米は75~80%に対し、平成27年度の関市乳がん検診では29.3%と低いです。乳がんになることを止めることはできませんが、早期検診受診・早期発見・早期治療により乳がんでの死亡率を低下させることはできます。

現在、マンモサンデーとして日曜日の検診の実施は年一回ですが、関市在住の方は500円でマンモグラフィーを受ける事ができます。

まだ、検診を受けていない方は、是非とも受診される事をお勧めします。

お電話か直接お尋ねください。お待ちしております。

 

          

健診課 栗山伸子                  

 

 

 

当院概要