病院のブログ

病院のブログ

療養病棟開設14年目

当院は平成13年から療養病棟を開設し、現在14年目に入りました。

療養病棟とは 長期の療養を必要とする急性期疾患の回復状態や、慢性期疾患の患者様など、在宅復帰を目標として治療・指導・リハビリテーションを行っています。また医療・介護の両面において、患者様の状態に適切に対応すると共に、人的・物的において、快適な環境づくり、また患者様が安心して療養に専念できる場を提供しています。

入浴については、機械浴を使用し入浴をされる患者様も多くみえます。スタッフは汗だくですが、患者様が気持ち良さそうに入浴されている姿を見ると、その汗は心地よく感じられます。

一方、食堂では季節を感じて頂くための童謡や、若かりし頃を思い出していただけるような歌謡曲等、食前に曲を流したり、職員も一緒に歌うなどのひと時を過ごしています。

現在退院支援の充実を図るため、ケアカンファレンスは毎日多職種と共に行い、患者様のニーズを捉え、先を見据えた看護過程の展開を目標に、看護師・介護士の受け持ち制で、医療・介護の両面から患者様・ご家族、多職種とともに支援を進めています。

スタッフは看護師16名、介護士12名で年齢は23歳から59歳と幅広く、親子の様に愛情を持って叱咤激励しながら、毎日患者様のケアをおこなっています。

5F15F2

 

 

 

 

 

病棟統括師長 長屋 由美

当院概要