薬剤科

紹介

病気の治療に欠かすことのできない「薬」、患者様にとって安全で効果的な薬物治療を支えているのが薬剤師です。「薬」は正しく使って初めて有効で安全なものになります。

薬剤師は患者様に薬を適正に使用していただくために日々努めております。お薬の相談がありましたら気軽に薬剤師にご相談ください。

薬局業務内容

薬剤師は病院内の薬に関するあらゆることに係わっています。ここでは、当院薬局が行っている主な業務内容を紹介します。

調剤業務 患者さまに処方された薬の内容(薬の量・飲み方)をチェックをして、疑問があれば医師に問い合わせを行い、安心してお薬を飲んでいただけるよう調剤し、お渡ししています。
薬品管理業務 病院内で使用される医薬品を温度や使用期限に注意して保存し、無駄なく円滑に供給できるように管理しています。
医薬品情報管理業務
  (DI業務)
薬に関する情報を収集、整理、保管、評価し、医師・看護師など医療従事者へ提供し、より質の高い薬物治療が行えるようサポートしています。
剤管理指導業務
  (服薬指導業務)
入院患者さまへの薬の説明を行うとともに、薬による副作用・相互作用(飲み合わせ)などの安全面のチェックも行っています。
製剤業務 軟膏剤や消毒剤などの薬剤を調製しています。食事から十分な栄養が摂れない患者さまに投与される高カロリー輸液の調製を無菌的に行っています。
又、抗癌剤の注射が適正使用されているかをチェックした後、無菌的に調整しています。

お薬の上手な使い方

保管について

  • お薬は湿気を避け直射日光の当たらない場所、またお子様の手の届かない所に保管しましょう。
  • お薬が残ったからといって保管し、別の機会に使ってはいけません。

保管について

  • 食前・食後服用の指示の時などに、お薬は食事をとらない時でも服用しましょう。
    (糖尿病薬など一部お薬は除きます)
  • 服用するのを忘れた時、すぐに気が付けばその時点で服用し、次の服用が近い場合は1回分休薬しましょう。(2回分まとめて服用しないでください)
    1日3回服用の薬…約3〜4時間は間隔をあけましょう。
    1日2回服用の薬…約6〜7時間は間隔をあけましょう。
  • お薬はある程度の濃度で血液中にないと効果がありません。服用する時間をあけすぎないようにしましょう。
  • 症状が良くなったからといって自己判断で勝手に服用をやめずに、医師の指示に従ってきちんと服用しましょう。
  • もらったお薬を他人に渡したり、勧めてはいけません。
当院概要