検査科

紹介

臨床検査には大別して「検体検査」と「生理検査」に分かれます。検体検査は患者様から採取された血液、尿、便、細胞組織などの検査を行います。生理検査は、患者様に機器を装着して検査を行うものです。

いずれの検査も私たち「臨床検査技師」が担当し、「より早く、より正確に」報告できるように努力しています。

検査科の概要

生化学的検査 血液、尿、その他の体液の成分を分析、定量測定を行います。
[検査内容] 肝機能検査/腎機能検査/脂質検査
血液学的検査 赤血球や白血球の数や形態、凝固機能などの検査を行います。
免疫学的検査 肝炎ウイルスなどの感染症、腫瘍マーカーや甲状腺ホルモンを測定します。
[検査内容] B型・C型肝炎ウイルス/腫瘍マーカー/甲状腺ホルモン
輸血検査 血液型や交差試験など輸血に関する検査を行います。
一般検査 尿の蛋白・糖・血球成分を調べたり、顕微鏡で細胞成分の形態検査を行っています。
[検査内容] 尿定性検査/便潜血検査/妊娠反応検査/髄液検査
生理機能検査 患者様に直接検査機器を取り付けて、身体各所の機能検査を行います。
  • 循環機能検査
    心電図、ホルター心電図、負荷心電図(エルゴメーター、マスター)、超音波検査(心臓、頸部、下肢)、動脈硬化測定(ABI、PWV)、脈波、血流速度、サーモグラフィ検査
  • 肺機能検査
    肺気量分画、努力性肺活量、機能的残気量、拡散能
  • 神経生理検査
    神経伝導速度検査
  • 睡眠障害検査
    終夜睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー:PSG)
    簡易睡眠ポリグラフ検査
当院概要